Cloudability の機能

ダッシュボードとレポート

正確な情報に基づくチームの意思決定を支援

クラウド インフラストラクチャが絶えず変化している場合、クラウド支出の把握は非常に困難です。毎月の請求書には数百万行のデータが記載されます。コストを整理し、情報に基づいて選択をするにはどうすればよいのでしょうか? クラウド プロバイダー 1 社、2 社あるいは 3 社のへの支出と使用量を常に可視化するにはどうすればよいのでしょうか?

dashboard reports 1 - ダッシュボードとレポート - Apptio

柔軟なダッシュボードで本当に必要なデータにアクセス

Cloudability では、デフォルトのダッシュボードが利用できるほか、社内の製品、部署、ロールに合わせて作成できるカスタム ダッシュボードをいくつでも追加できます。詳細なウィジェットを構築し、必要な場所に配置して、さらに詳しく掘り下げることができます。また、多数のレイヤーを重ねて他のスタッフと共有したり、ビュー機能で表示内容を絞り込んだりできます。

全サービスに関するリソースレベルのレポート機能

デフォルトでレポート ライブラリを利用できます。さらに、任意のデータやディメンションを組み込んだレポートも、数の制限なく追加作成できます。マルチクラウド データを 1 つの画面でまとめて表示できます。すべてのデータは、各プロバイダーの新たな更新に合わせて常に更新されるため、ほぼリアルタイムのデータを参照できます。

dashboard reports 2 - ダッシュボードとレポート - Apptio
dashboard reports 3 - ダッシュボードとレポート - Apptio

必要なデータを表示し、誰に何を表示するかをコントロール

すべてのレポートとダッシュボードは、ビュー機能でフィルターできます。そのため、本当に必要なデータにアクセスできるだけでなく、誰にどのデータにアクセスさせるかをコントロールできます。たとえば、新しいレポートを作成しなくても、部署 A と部署 B の同じレポートを参照できます。

詳細な情報は

その他のリソース

Ibotta Gains Deeper Visibility into Spending and Grows Business Using Apptio Cloudability in AWS Marketplace

04/22/2020

Introducing Business Metrics: A Smarter Way to Communicate the Business Value of Cloud

The Team at Apptio
03/11/2021

Tackling Three Leading FinOps Challenges with Apptio Cloudability

Marisa Banigan