Datalink

350 を超えるソース システムからデータを取り込んで構造化

Apptio の多様なインテリジェント コネクターにより、SAP、Oracle、Amazon Web Services、ServiceNow をはじめ、ほぼすべてのソース システムからのデータ取り込みを簡単に自動化できます。コネクターにスケジュールを設定し、月次決算などのデータを定期的に取得できます。コネクターによるアップロードが完了するとアラートや通知が届きます。

一般的なベンダーに対応する何百ものインテリジェント コネクターを活用する

組織内に多数存在するデータ ソースからのデータを Apptio に統合し、データをクリーンで正確で最新の状態に保つために手作業で行っていた検証業務の時間を省きましょう。Windows Server ファイル、SQL Server、ファイル サーバー、REST サービスなど、ほぼすべてのデータ ソースに対し、カスタム コネクターを簡単に作成できます。

Datalink Screenshot 1 e1592550380934 - プラットフォーム - Datalink - Apptio

スケジュールされたアップロードにより、データを常に新鮮に保つ

毎月、毎週、または毎日データを自動取得してアップロードするようにコネクターをスケジュールできます。アップロードをスケジュールすることで、データを新鮮に保ち、アップロード処理中にヒューマン エラーが発生するリスクを排除できます。

Datalink Screenshot 2 - プラットフォーム - Datalink - Apptio
Datalink Screenshot 3 e1592553793729 - プラットフォーム - Datalink - Apptio

アップロード アラートを設定し、リソースの優先順位を適切に判断

アラート通知を設定して、ユーザーにデータ アップロードのステータスと完了を通知できます。アップロード アラートを使用すると、データの抽出や Apptio モデルへの統合準備などが行われている間、ユーザーは他の重要な財務管理業務に集中できます。

Apptio プラットフォームの特長