Cloudability の機能

タグ付け

マルチクラウド環境全体ですべてのリソースを考慮

組織がクラウド環境を拡張していくと、さまざまなサービスやリソースをステークホルダーが分析、測定、レポートしたいと考えるようになります。タグ付けの戦略は、このレベルの可視化するための基礎となります。これにより、異なる要件を抱える組織内のユーザーは適切なデータ ビューを作成し、割り当てとチャージバックを正確に実施できるようになります。

Cloudability - Tagging - Image 1

タグ付けされていないリソースを特定し、コンプライアンスと適切な割り当てを実現

タグは、クラウド リソースを意味のあるグループ (アプリケーション、製品、部門、環境など) に分類する重要なコンポーネントです。Tag Explorer を使用することで、組織によるタグの使い方を視覚的に評価し、タグ付けされていないリソースを特定して、クラウド コストをより包括的に理解できるようになります。

既存のタグも Cloudability に簡単に取り込める

クラウド タグおよび機能は、クラウド、アカウント、サブスクリプションを通じて進化し、少しずつ変化します。クラウドからビジネスやその他の論理的構成への適切かつ論理的なマッピングを確保するために、関連するタグを Cloudability タグやディメンションにマッピングすることができます。

Cloudability - Tagging - Image 2
Cloudability - Tagging - Image 3

アクセス権を持つアカウントを容易に編集してグループ化

アカウント管理ページで、アクセス権を持つすべてのアカウントを表示し、名前、数値、ベンダー別に並べ替えることができます。グループは、地域、製品、部門など、さまざまな変数に応じてアカウントを分類するために使用します。

詳細な情報は

その他のリソース

AWS Tagging Strategy Best Practices thumb

AWS Tagging Strategy Best Practices

Thumbnail How to build your ultimate cloud tagging strategy Webinar

How to Build your Ultimate Cloud Tagging Strategy

04/14/2020

Three Tagging Tips your Cloud Infrastructure Needs to Optimize Costs

Andrew Nhem