Cloudability の機能

ライトサイジング

最優先すべき機会を特定し、クラウド インフラ コストを削減

クラウド プロバイダーは、消費されたサービスではなく、プロビジョニングされたサービスに対して料金を請求します。そのため、クラウド リソースの利用率を特定することは、リスクとコストのバランスを図り、無駄を最小限に抑えるのに役立ちます。

rightsizing 1 - ライトサイジング - Apptio

複数のディメンションを横断して各インスタンスを可視化

Apptio は、1 兆時間を超える利用状況データ、業界トップクラスのアルゴリズムと機械学習を活用することにより、削減効果とリスクの両方をまとめた明示的なスコアとともに、推奨事項のランキング リストを常に生成しています。そのため、クラウド インフラを最大限の効率で運用することができます。Cloudability は、AWS EC2 および EBS に対するライトサイジングの推奨事項を提供し、特定の AWS リソース (S3、RD、Redshift) の利用率が低くなっているかどうかも示します。

平均ではなく、実際の利用状況とニーズに基づく予測

Cloudability は、利用状況データをサンプリングして Apptio 独自のモデルにフィードすることで、ライトサイジングの最適な推奨事項のリストを提供します。このモデルでは、過去 10 日分と過去 30 日分の利用状況データを考慮します。

rightsizing 2 - ライトサイジング - Apptio
rightsizing 3 - ライトサイジング - Apptio

ライトサイジングの推奨事項に関するパートナーの連携

Jira 課題をライトサイジングの推奨事項から直接作成できるようにすることで、DevOps チームと財務チームによるクラウド支出管理をサポートします。

詳細な情報は

その他のリソース

02/16/2019

Why Rightsizing Your Cloud is Critical: Extend Your Multi-cloud Toolkit

Arezou Seifpour
08/29/2019

Cloud Cost Optimization: 10-Day vs. 30-Day Rightsizing

James Jackson
04/21/2020

How Rightsizing Your Cloud Infrastructure Can Unveil Hidden Savings

Andrew Nhem