Cloudability の機能

ビュー

パワフルなルールベースのビュー機能により、複数のアカウントとクラウドを統合

組織のステークホルダーやチームがそれぞれ重視するクラウド データの視点はさまざまです。エンジニアには、担当するクラウド インフラのすべてのデータが必要ですが、財務アナリストには、各製品のすべてのコスト データが必要です。またビジネス リーダーは、単価のトレンドを確認する必要があります。

views collection 1 - ビュー - Apptio

表示するデータのサブセットを選択

Cloudability では、カスタム ビューを作成して、集中すべきデータのサブセットをさらに絞り込むことができます。ビュー機能により、ユーザーを特定のビューに限定する、ユーザーに対するデフォルト ビューを設定する、ユーザーのアクセスを関連データに限定する、アクセスできる部署やユーザーの数を自由に調整するなどが可能です。

組織内でビューを共有し、可視性を高める

アカウント全体に関連するデータを共有ビューに表示し、専門性の高いデータは個人ユーザーに限定できます。複数のユーザー間でビューを編集して共有すれば、組織全体のユーザーが連携して作業を進められます。

views collection 2 - ビュー - Apptio
views collection 3 - ビュー - Apptio

簡単にビューの切り替えが可能

独自のビューを作成し、既存のビューをすばやく切り替えられるため、異なるチームや部署の支出や利用状況のデータをその場で確認できます。レポートやダッシュボードには、選択したビュー (部署、アプリケーション、プロジェクトなど) で定義されているデータ スライスが直ちに反映されます。

クラウド支出を利用部門の特定のタクソノミーに割り当て

さらに高度なビュー機能を利用すれば、ビジネス ディメンションを作成して、既存のタグを変更せずにコストを組織構造に割り当てることができます。Business Mapping では、ルールを時間調整して、再編の発効日を反映させることができます。同様に、会計プラクティスやプロジェクト ステータスの時間ベースの変化にも応用できます。

views collection 4 - ビュー - Apptio

詳細な情報は

その他のリソース

Spotifys Key Cloud Cost Optimization Initiatives for 2021 thumb

Spotify’s key cloud cost optimization initiatives for 2021

How to Deliver the Cloud Cost Visibility You Need thumb

How to Deliver the Cloud Cost Visibility You Need

How Cimpress Gained Critical Cloud Spending Visibility and Improved Accountability