透明性の必要性:テクノロジー支出の可視化は、いかにビジネス価値を創出するか

「デジタルファースト戦略の実現には、ビジネスとテクノロジーのリーダーがテクノロジー活用のモデルを抜本的に変えなければならない」、コロナ禍によってこの見解が再確認されることになりました。

Brinks社、RingCentral社、USAA、Equifax社、The Hackett Groupといった企業はコロナ禍でデジタルファーストへの取り組みを加速させ、それによってコスト削減、ビジネスの透明性の最適化、効率的なビジネス価値の創出といった新しい分野を切り拓くことができました。

金融サービス会社USAAのCIOであるMike Brady氏は、新しい測定基準を組み込むことにより、コストをビジネス価値と関連づけています。新しい基準とは、米国の軍人、退役軍人、およびその家族という同社の顧客に価値を提供できるスピードのことです。Harvard Business Review Analytic Servicesのレポート「透明性の必要性:テクノロジー支出の可視化は、いかにビジネス価値を創出するか」は、テクノロジー支出の可視化がビジネスの俊敏性とどのように関連しているかを理解するために、Apptio社がスポンサーとなり、作成されたレポートです。このレポートでは、ビジネスリーダーたちが「なぜ」価値を測定し、「いかに」プロセスと測定基準を作り上げていくかについて、深く掘り下げて考察しています。

この分析では、重要性 vs 信頼度という、すべてのものを統合し中心となるデータポイントを明らかにします。このレポートには、エグゼクティブがコラボレーションとテクノロジーにより透明性のギャップを埋めるよう取り組む際、チームをサポートするために必要不可欠な情報が含まれています。

今後12~18カ月間に企業のテクノロジー予算の中心となると予想される要素を理解し、アフターコロナの世界において、企業がどのようにテクノロジー投資の効果を測定する予定か知るために、レポート全文をダウンロードしてください。

はじめての方

クラウドの真の価値を分析する必要がある場合でも、テクノロジー コストの最適化やビジネスにおける IT の価値を伝える必要がある場合でも、Apptio がお手伝いします。