アジャイル時代におけるプロジェクトベースの投資管理

市場投入までの時間を短縮し、イノベーションのスピードに対応することで、競争力を維持しようとしている企業にとって、適応力は基本的な要素になります。このことは、アジャイル及びハイブリッドの開発とデリバリーモデルが大規模に採用されるようになったことでもわかります。しかし、 アジャイルの実行は、従来の投資管理アプローチによって妨げられることが多く、90% 近くの組織が、デリバリー方法に関係なく、同じ投資管理プロセスを採用しています。簡単に言えば、開発チームはバックログを管理し、スプリントごとに頻繁にデリバリーすることを計画している一方で、組織は年次でプロジェクト投資を管理しています。プロジェクトとプロダクトのハイブリッド環境において、CIO は、コストに関する決定を数値化し、ROI を最大化し、ビジネス価値を正しく伝えるための手段が必要です。

当ガイドをダウンロードして、次の点をご確認ください。

  • プロジェクトとプロダクトのハイブリッド環境が組織内に存在する理由
  • プロダクト中心のデリバリーモデルでは、従来の投資管理アプローチが適していない理由
  • 戦略的ポートフォリオ管理により、IT 開発投資とビジネス目標の整合性を財務的に可視化する方法

はじめての方

クラウドの真の価値を分析する必要がある場合でも、テクノロジー コストの最適化やビジネスにおける IT の価値を伝える必要がある場合でも、Apptio がお手伝いします。