DX時代のIT投資最適化を実現するTBMという戦略

日本企業のCIOが証言 資生堂ら登壇
~経営から信頼されるIT部門になるには~

※ 当レポートはメディアに掲載された取材記事を Apptio で再編したものです。文体が記事に近い形となっておりますがあらかじめご了承ください。

DXで2年、アジャイルで5年、世界から遅れるともいわれる日本。

そんな中、日本を代表する企業のCIO、ITリーダーが注目し、本格導入への機運が高まるのが「TBM(Technology Business Management)」と呼ばれるメソドロジーだ。TBMとは、IT投資対効果の可視化を通じたITコスト構造変革などを実現し、企業P/Lに継続的に好影響をもたらすIT部門運営のベストプラクティスが集約されたもの。世界中のCIO、CFO、ITリーダーなど1万1,500人が参加する米国NPO法人「TBM Council」が最新のベストプラクティスについて議論し、アップデートを行なっている。2021年4月にはその日本支部にあたる「TBM Council Japan」が設立された。当レポートでは、2021年12月に開催された「Round Table」の内容をお伝えする。

そこで事例発表した1社が資生堂だ。コロナ禍における事業影響からの回復、営業利益の向上に貢献すべく、IT費用の可視化と効率化のためにTBMをどう導入し、どんな改善が実際なされたか―。プロジェクトの過程を詳しく紹介する。

また、分科会では会員企業のCIOやITリーダーが、自社のメソドロジーの進化をどう考えているか、意見交換をした。正解が1つではないだけに、他社のTBMの取り組みや考え方から学ぶことは大きい。DXを牽引する企業の生の声を、許された範囲で紹介する。

いよいよ日本でもTBMの本格導入の時代が幕開けした。IT投資のアカウンタビリティを果たし、経営にコミットするIT部門運営の実現に向けて―。経営層を含めた、DXに関係する全ての方に、是非TBMを学んでいただきたい。

はじめての方

クラウドの真の価値を分析する必要がある場合でも、テクノロジー コストの最適化やビジネスにおける IT の価値を伝える必要がある場合でも、Apptio がお手伝いします。